ほしいも直売場は農園です。普段は畑に出ていますので小売のお店はありません。大変申し訳ございませんが、農園にお越しいただいても干し芋を販売することができません。商品の販売は、「通信販売」と「インターネットのホームページ」のみとなります。予めご了承ください。

農園日誌

晴れが続きません

ほしいも産地は、雪(雨)になるのが2月後半からです。

今年も例年通りの天候になってきました。

 

ただ、今日から1週間ほど晴れの予報がでていません。

 

蒸かしが終わらない農家、

終わっていても干し場に仕掛かりが残っている農家

(ほしいも直売場も)

は悩ましい限りです。

by editor | 2012-02-29

野菜も干し場も片付いています

ここも親しい干し芋農家です。

 

つい1週間ほど前までは、

干し芋が並んでいた干し芋場もすっかり

あとかたなしです。

 

干し場の前には、

白菜や大根もあったのですが、それもなし。

 

干し芋作業に来てくれた人に、

最後に持たせたそうです。

 

また一から干し芋作りがはじまりますが、

もう少し暖かくなるまでは休養とのことです。

by editor | 2012-02-28

早掘りのサツマイモの苗床

干し芋加工の片付けもソコソコに、

サツマイモの苗床を準備しています。

 

地温だけでは種芋から芽が出ないので、

温床線を苗床に敷いて地温を温めて芽だしします。

 

一番下がモミガラ、土、温床線、たい肥

そして種芋を伏せて、

土、たい肥、稲ワラ

そして小さいビニールハウスにします。

 

ほしいも産地はサツマイモにとってかなり寒い地方なので、

8月に収穫しようとするサツマイモは、

ここまでしなければ苗ができません。

by editor | 2012-02-27

トラクターのオプション

トラクターは、

前や後ろにオプションを取り付けることで、

様々な用途に適用できます。

 

耕運はもちろん、深耕や、もっと深く畑の切れ目を入れる、

浅く畑の表面を除草目的で掘る等々。

サツマイモで言えば畝(うね)を立てる、

芋の掘り取り、

またローダーと言ってパワーシャベルのオプションもあります。

 

ただし、トラクターの大きさで、

付ける(作業する)オプションが決まってきます。

このオプションは畝たてです。

これは小型から中型で使うものです。

 

by editor | 2012-02-26

新しいトラクター

親しい農家が新しいトラクターを入れました。

トラクターはタイヤタイプと

キャタピラタイプがあります。

これは、前輪がタイヤ、後輪がキャタピラです。

 

田んぼはヌカリやすいので、

キャタピラタイプが重宝です。

この農家では、田んぼも畑もあり、

このタイプにしました。

 

大きさは中型で、

サツマイモ栽培のときは、

苗を植える時の畝(うね)立てに使います。

by editor | 2012-02-25

ページトップへ