ほしいも直売場は農園です。普段は畑に出ていますので小売のお店はありません。大変申し訳ございませんが、農園にお越しいただいても干し芋を販売することができません。商品の販売は、「通信販売」と「インターネットのホームページ」のみとなります。予めご了承ください。

農園日誌

棚作り

干し場の足元が決まると、

棚作りです。

すだれの寸法に合わせてレールを組み立てます。

3ヶ月の長丁場なので、ここもしっかりと組み立てます。

by editor | 2012-11-30

干し場に稲藁を敷いています

整地した干し場には、麦を蒔きます。

その上に稲藁を敷き詰めます。

足元をしっかりさせることと、

大荒れの天気に備えて、

かなりしっかりと干し場を作ります。

その第一弾です。

by editor | 2012-11-29

表面を整えています

干し場にする部分も畑でしたので、

一度トラクターで整地するのですが、

ここはサツマイモのつるがあまりにも伸びていたので、

つる刈り機を入れて、砕いてから、

トラクターで整地します。

 

その後、麦の種を蒔いて、稲藁を敷き詰めて、

そして、干し場作りになります。

by editor | 2012-11-28

干し場作りが続いています

カヤネズミが巣を作る位ですから、

干し芋場のビニールハウスの骨組みには、

たくさんの種類のたくさんの量の草がまとわりついています。

 

それを取り払うのがなかなか大変です。

by editor | 2012-11-27

カヤネズミの巣

鳥の巣ではありませんでした。

小さなネズミ、カヤネズミというそうです。

 

抜け殻になった巣と、

子供がいる巣のふたつがありました。

 

それにしても上手に巣作りするものです。

by editor | 2012-11-26

ページトップへ